【対談イベント】いいから寝なさい!〜がんばっても報われない君へ〜

日本を引っ張る次世代リーダーへ

現代の日本は3人に1人が不眠に悩み、平均睡眠時間が6時間未満の割合が増加し、世界で一番寝ていない国となってしまった日本。

睡眠不足になると、創造力、コミュニケーション能力、やる気が低下し、増加するのは眠気とミス、そして自殺率ばかりです。個の力が重要になってくると言われているのに、この状態では本来の力を発揮できるはずがありません。

次世代のリーダーにとって必要なものは睡眠時間の確保、そして覚醒時のゴールの設定です。
睡眠と覚醒をしっかりと質の高いものにしなければ、十分な成果やチームとしての結束力は生まれません。

100年先の日本を明るくするため、メイドインジャパンを更なる高みへ打ち上げるため、あなたの力が必要なのです。

対談について

睡眠術を扱う睡眠魔導師のどーいが、各界の巨匠を招き睡眠を切り口に、テーマにそった社会問題や、問題解決の糸口を探っていく対談イベントです。

今や日本人の平均睡眠時間は6時間を下回り、世界的に見ても一番眠れていない異常な国家です。24時間営業、スマートフォン、メールなど便利なモノで溢れている日本では、睡眠を削るしか方法はないと洗脳されています。

睡眠の重要性は日中の活動、夢を達成する為には必要不可欠な存在です。睡眠時間を削る事が招くマイナス面は大きく、寝不足のまま夢を達成したとしても体がボロボロでは意味がありません。健康的で達成した後も次を目指せる自己管理技術が必要です。

しかし、物が溢れている事は悪ではなく、むしろ可能性が広がります。
抽象度の高いゴールを持ち、自分に合ったものを”見極める”力が現在の日本人には必要です。

日中の活動(覚醒)と睡眠は表裏一体であり、どちらも疎かにする事はできません。どちらにも夢が必要であり、日中の夢(ゴール)が覚醒時の効率を上げ、睡眠の夢が脳の回復や創造力の向上、記憶の定着、コミュニケーション力などを支えます。

では、成果を出している巨匠達はどうなのでしょう?
スリープマネジメントや、ゴールを達成する為のマインド作りなどをどんどん聞いていきます。

トークを一緒に体感する事で、あなたの内部表現が更新され、ビジネスや私生活の問題解決の糸口になる事を望んでいます。

開催予定

第一回 睡眠 × コーチング 〜覚醒と睡眠で効率をあげよう

開催日 / 2016年 12月 00日
場所 / 目黒区◯◯
対談ゲスト / 広瀬譲治(苫米地式コーチ)

詳細はこちら

第二回 睡眠 × 日本文化

近日公開