ブルーライトは睡眠を害する悪玉?

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9

自然の光か人工物か

パソコンやタブレット、スマートフォンなどに使われている、ブルーライト。やれ目に良くない、眠れなくなると、最近すっかり悪者扱いですね。
ですが、ブルーライトは元々人工物だけが放つ光ではなく、自然界にも存在しているのです。
虹の七色が示すように、光は七つの色で構成されています。
この七つのうち、最も波長が長いのが赤。二番目に短いのが青――すなわちブルーライトです。
ブルーライトは、意外と自然の中にあるものなのです。

どうしてブルーライトが目に悪いの?

では、自然の中に存在するブルーライトが、どうして目に悪いと言われるようになったのでしょう。
それは、七つの光の色の中で、ブルーライトが最も強力なエナジーを持つ光だからです。
強いエナジーの持ち主ブルーライトは、その強さゆえに眼精疲労を引き起こします。
また、ブルーライトを見ると、『睡眠ホルモン』の二つ名を持つメラトニンが、その働きを抑制してしまうのです。つまり、目が覚めてしまうということです。

LEDとブルーライト

パソコンやスマートフォンに使われているLEDには、多量のブルーライトが含まれています。
それだけではありません。
パソコンやスマートフォンを使う時、何メートルも離れる人はいませんよね。LED画面と目の距離は、かなり近いはずです。
この近さが、より目を覚まさせ、疲れさせてしまうのです。
この眼精疲労が、LEDやブルーライトが目に悪いと言われる元になったと、考えられます。
『悪い』のではなく『疲れる』『目が覚める』のです。

ブルーライトをカット

悪いものではないとわかっても、やはり疲れ目と目が覚めるのは否めません。
それでも、現代人にスマートフォンやタブレット、パソコンは必須アイテムです。
最近は、ブルーライトをカットするメガネやシートが出回っています。
これらのアイテムをうまく使ってブルーライトをカットし、眼精疲労とサヨナラしましょう。
夜寝る前に、これらの機械をいじらないのも大切です。
人間関係もLEDも、適度な距離感が必要という点では、同じですね。

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。