本当にあるの? お肌のゴールデンタイム

眠り

これまで言われてきたゴールデンタイム

『お肌のゴールデンタイム』が謳われるようになって、久しいですね。
これまでは、22時から2時の間に眠りに就くのがゴールデンタイムに該当すると言われてきました。諸説あるにはあるのですが、この22時から2時説が最もポピュラーで、誰でも一度は聞いたことがある説でしょう。
しかし、最近はこの説が疑われるようになってきました。

ゴールデンタイムではない理由

そもそも、どうして22時から2時が、ゴールデンタイムと呼ばれるようになったのでしょう。
それは、この時間帯に成長ホルモンの分泌が最も多いと思われていたからです。
成長ホルモンは、成長期の子どもの身長に関わりがあるだけではありません。
その他にも、身体の組織の治療や再生を行ったり、新陳代謝を促すといった役割があります。新陳代謝が活発になれば、美肌が維持出来ます。
それで、成長ホルモンの分泌量が増す22時から2時が、お肌のゴールデンタイムだと思われてきたのです。
ですが、実際には眠りに就く時間に成長ホルモンの分泌が多いわけではないことが、わかってきました。
問題は、何時に眠るかではないのです。
分泌量が増すのは、入眠後三時間ということが明らかになってきました。
昔の人の生活サイクルでしたら、入眠後三時間がちょうどこのゴールデンタイムに当たります。
22時から2時がゴールデンタイムと呼ばれるようになったのは、こういう理由があったのですね。
ですが、忙しい現代では、入眠後三時間に当たるのが2時ならともかく、22時というのは至難の業です。

三時間後の睡眠の質

ゴールデンタイムは、入眠後から約三時間ということが、わかってきました。
その時間帯に質の良い睡眠を取れていれば、それだけ成長ホルモンが分泌されます。
ホルモンといえば、睡眠を促すメラトニンというホルモンがあります。
メラトニンは、ほぼ夜にだけ分泌されるホルモンです。
このメラトニンの量を増やし、より良い睡眠にするためには、生活リズムを整える必要があります。
そうすると、自然と日付が変わる前にはベッドに入ることになり、最初に言われていたゴールデンタイムに合致することになります。
やっぱりお肌のためには、22時ぐらいから遅くとも2時までにはお布団に潜るのが良さそうですね。

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。