寝る子は育つ? 年齢別必要睡眠時間

%e7%88%86%e7%9d%a1%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

赤ちゃんは寝るのが仕事

赤ちゃんって、本当によく眠りますね。屈託のない寝顔を見ていると、なんだかこちらも眠くなってしまいます。
生まれたてのうちは、寝ているか、泣いているか、ミルクを飲んでいるかの赤ちゃん。
一体一日に、どのぐらい寝ているのでしょう。

赤ちゃんの睡眠時間

生まれて一~二か月の新生児の頃は、赤ちゃんは一日に十時間から十八時間も寝るのだそうです。ずいぶん差があるように思いますが、個人差があるというのが理由のひとつです。
もうひとつは、体内時計がまだ出来ていないから。三か月を過ぎた頃には、徐々に一日のリズムが出来てきます。一歳未満の乳児になると、一日の睡眠時間は十時間から十三時間プラス昼寝と、少し短くなっています。
一日のリズムを作るためには、朝日をしっかり浴びることが大切です。赤ちゃんにも、爽やかな朝の日の光を浴びさせてあげましょう。

子どもの睡眠時間

メラトニンというホルモンがあります。
このメラトニンは、私たちを眠りの世界へと誘ってくれる、大切なホルモンです。
メラトニンが最も大量に分泌されるのは、一歳から三歳までの幼児の頃です。
このころの睡眠時間は、一日十二時間から十四時間。
まさに、『寝る子は育つ』なのです。
幼稚園や保育園に入る四歳から六歳までですと、十時間から十三時間。
小学生の間は十時間から十一時間。
今は塾や習い事に通う子どもも多いですから、睡眠時間はどうしても削られてしまいがちです。
ですが、この年齢の子どもは身体が成長する時期でもあります。睡眠時間は脳の働きにも影響しますから、出来るだけ十時間ぐらいは寝るようにしたいものです。
中学生から高校生の、夜更かししたい年頃でも、一日に八時間半から九時間半の睡眠時間を確保することが必要です。なんと言っても、この時期は身長が大きく伸びる時期。成長ホルモンを分泌させる時期なのです。
規則正しい生活が肝要です。

大人の睡眠時間

成人でも、一日七時間から九時間の睡眠が必要です。
とはいえ、忙しい日々を送っている方が大半でしょうから、これだけ睡眠時間を確保するのはなかなか難しいことと思います。
一日のリズムを作るために。まずは、朝の光を浴びることから始めてみませんか?

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。