睡眠不足になると浮気をする確率が高くなる研究結果が

浮気したんやんけ!

こんにちは、睡眠コンサルの土井(@kazuking_doi)です。

あなたはパートナーと良好な関係を築けていますか?
うん、仲良しって方も多いと思います。

でも中には2股、3股とか、浮気に走る人もいるかなと思います。
しかも「いっときの迷い」「魔が差した」など動機で言うと衝動的な理由が多いかなと。

実は、睡眠不足になると浮気をする確率が高くなるという研究結果があります。

どういったメカニズムなのか、解説していきますね。

睡眠不足になると脳が欲望のコントロールができなくなる

睡眠不足になると脳の「前頭前皮質」という部分の働きが鈍くなります。
この部分は欲望をコントロールする働きもしているのですが、この部分が鈍くなると自制心が効かなくなり、衝動的な誘惑に負けてしまいます。

このエネルギー源であるのがグルコースと呼ばれる物質で、寝不足になるとグルコースの分泌が足らなくなります。

睡眠不足で判断力も低下する

睡眠不足になると判断力も低下してしまいます。
欲望を抑える事もできず、通常であれば「だめ」とわかる事も正しく判断する事ができなくなります。

睡眠不足→自制心・判断力の低下→浮気
という流れが産まれてしまいます。

一方、睡眠不足で性欲が落ちるという報告も

ただ、睡眠不足になると性欲が落ちるという報告も上げられており、浮気まで発展する前に終るケースもあると複数の研究結果で報告がされているようです。

しかし、寝不足が続くと不幸を招くリスクは高くなると言えます。
職場などで残業が多く、拘束時間が多い場合であると社内不倫などが多いように感じます。

質の高い、十分な睡眠を取る事で幸せな人生を作っていきましょう。

 

参照元:Mail Online(英文)

 

 

 

The following two tabs change content below.

土井一樹

睡眠コンサルとして、相談者様に合った睡眠のお悩みを解決しています。クリエイターとして活動する中で、睡眠の大切さに気が付き睡眠の研究を日々行っています。Good Sleeping Forestの代表です。

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠コンサルとして、相談者様に合った睡眠のお悩みを解決しています。クリエイターとして活動する中で、睡眠の大切さに気が付き睡眠の研究を日々行っています。Good Sleeping Forestの代表です。