皆いつかは使う日が……介護ベッド選びのポイント

%e8%bb%8a%e6%a4%85%e5%ad%90%e3%81%a8%e5%a4%95%e7%84%bc%e3%81%91

高齢化社会の必需品、介護ベッド

日本が高齢化社会と謳われるようになって、どのくらい経つでしょう。
高齢化社会ということは、それだけ介護される方が必要な世の中でもあるということです。
筆者の周囲でも、介護が必要な方の話を聞くことが、多くなってきました。
中でも介護ベッドは、介護する方にもされる方にも強い味方となる必需品です。けれど、本当に必要になってこないと、全く気に掛けないものでもあります。
そこで、今日は介護ベッドについてお話ししましょう。

介護ベッドってどんなベッド?

介護ベッドと聞いて、どんなベッドを思い浮かべますか?
実は、介護ベッドには規定があります。
サイドレールが取り付けてあるか、取り付け可能なものであることが、まず第一義です。
そして、その中でも脚の部分と背中の部分の角度が調節出来るか、床板の高さが無制限に調節できるか、どちらかの条件を満たしたものが、介護ベッドと呼べるベッドです。

介護ベッドの役割とは

介護ベッドの役割は、まず介護される方の日常生活をサポートすることです。
私たちが普通に行っている、起きる、腰かける、立ち上がるといった動作も、要介護者にとっては大きな負担になります。
介護ベッドには、起き上がりやすいように角度がつけられる仕様になっています。腰かけた時や立ち上がる時の支えになるべく、サイドレールもついています。
また、介護ベッドは介護される側だけでなく、介護する人にも優しいベッドです。
介護をしていて腰を痛める人が多い現状、角度やサイドレールは、少しでも負担を減らすためのものでもありますし、高さの調節もしやすくなっています。

介護ベッドはどこで売っているの?

介護ベッドは、普通に家具屋さんでも売っています。
しかし、かなり高額な品であることもたしかです。電動モーターの数などにもよりますが、十万円以上すると考えた方がいいでしょう。
それでも機能を考えると、安いといえるかもしれません。
けれど、皆が皆高額なベッドを買えるわけではありません。そんな方に朗報です。
それは、レンタルです。
要介護2以上の方でしたら、介護ベッドはレンタル可能です。介護保険が適用されますから、費用も一割負担で済みます。定期的なメンテナンスもしてくれますから、安全面でも安心ですね。
介護ベッドが必要な状況になったら、まずはケアマネージャーに相談してみてください。
介護される人の動ける程度や体格によっても、選ぶベッドは違ってきます。買う借りるか。検討に検討を重ねてからでも、遅くはありません。
少しでも快適な介護生活を送るために、介護ベッドは必要なアイテムです。
今は必要ない方も、心のどこかに介護ベッドのことを留めておいてくださいね。

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。