寝つきを良くするには就寝前に読書を楽しみ質の高い睡眠を

読書は最高です

こんばんは、睡眠コンサルの土井(@kazuking_doi)です。

あなたは寝つきは良い方ですか?

例えば布団に入ったけど全然眠れない、眠れるだろうと布団でゴロゴロしてても眠れたのは午前2時を過ぎたころ。
朝はいつもどおり起きないとだから睡眠不足。

日中も眠気が多く、一日中ぼーっとしていて気持ちがはいらなかったな。

なんて経験ありませんか?

すっと寝つけると、最高に気持ちいいですよね!

そんな方法をお伝えします。

就寝前にパソコンやスマホから離れる

睡眠にはパソコン、スマートフォンなど、画面から発しているブルーライトが入眠に影響を与えます。
刺激的な映像や、メールのやりとりなどで、覚醒してしまうと中々寝つけなくなります。

就寝前の仕事のやり取りなどのメールには、エスプレッソ2杯分とも言われるぐらい精神的にも影響を与えます。

ぜひ、パソコンやスマートフォンなどと離れる時間を作ってみてくださいね。

就寝前には読書をしよう

就寝前には読書をするのがオススメです。
記憶力の向上や、ストレスの解消、精神の安定などの効果があるとも言われています。

一番いいのは、就寝前に読書をすることが習慣化すると、「あ、もうそろそろ眠るんだな」と体が勝手に反応してくれるようになります。

そうなったらこっちのもの、あくびが出て眠くなったらベッドへと進みましょう。

読書の注意点

さて、読書の注意点しておきたい点がいくつかございます。
逆効果になってしまわぬよう気をつけてくださいね!

電子書籍はNG

電子書籍便利ですよね。
私も漫画を電子書籍で買うことが多くなっていますが、iPadなどの端末で閲覧するためブルーライトを浴びる事になります。
これでは本末転倒なので、通常の本を選んでくださいね。

明るすぎない場所で

明るすぎる場所は目を覚ましてしまうので、ある程度の暗さを持った場所で閲覧しましょう。
暖色系のスタンド、暖炉で椅子に座る人などのイメージが近いです。

本の内容は刺激が少ないもので

読書ならなんでもいいかと思われがちなジャンルですが、ホラーなど刺激的な内容は避けましょう。
かえって覚醒してしまうので、睡魔はゾンビから逃げる主人公の様にあなたの元を離れていきます。

哲学書など、難しい内容だとすぐ眠くなりますよ。

まとめ

本を読む習慣がつくと、本当にすっと眠れるようになります。
さらに知識などもつくので本当にオススメです。

ぜひ、寝つきが悪い方にはチャレンジしてみてくださいね。

では今日はこのへんで、おやすみなさい!

 

 

 

The following two tabs change content below.

土井一樹

睡眠コンサルとして、相談者様に合った睡眠のお悩みを解決しています。クリエイターとして活動する中で、睡眠の大切さに気が付き睡眠の研究を日々行っています。Good Sleeping Forestの代表です。

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠コンサルとして、相談者様に合った睡眠のお悩みを解決しています。クリエイターとして活動する中で、睡眠の大切さに気が付き睡眠の研究を日々行っています。Good Sleeping Forestの代表です。