アロマで快適な眠りに出会いませんか?ベビー編

94d6360bd05d32ef33720afdd84246f2_m

昼間たくさん遊んだはずなのに寝てくれない。
お昼寝してないはずなのに夜中起きる。
いつまでたってもおさまらない夜泣き。

赤ちゃんのお世話をするお母さん方は毎晩、寝ない我が子との戦いですよね。
我が家もそうでした。
まあ寝ない……なんでそんな起きてて大丈夫なのってぐらい寝ない。

そんな寝ない赤ちゃんに、以前紹介した芳香浴を試してみてはいかがですか?

赤ちゃんにアロマって大丈夫なの?

以前、アロマについての記事で妊婦さんやペットを飼っている方は気を付けてくださいと書きましたが
そんなものを赤ちゃんに使っていいのか心配ですよね。

使い方や使用する精油を間違わなければ問題ありません。

赤ちゃんと芳香浴を楽しむ場合はほんの少量をティッシュペーパーなどにふくませる程度にとどめ、
ディフェンザーやアロマライトの使用は避けましょう。

また、精油はラベンダー、カモミールに限ることをおすすめします。
それ以外の精油は香りが強すぎて赤ちゃんには不向きです。

どんな風にすればいい?

基本的には大人の芳香浴と同じように枕元に精油を垂らしたティッシュペーパーを置くだけでいいのですが、
赤ちゃんの手が届く範囲では危険です。
誤って口にしてしまってはいけないので、小さな籠などにティッシュペーパーをいれて枕元に置いておくのがいいでしょう。

また、夜眠るときだけに使用するように心がければ赤ちゃん自信が
「この香りは眠る香り」であることを自然と覚えてくれることもあるので、
赤ちゃんがその香りを嫌っていないようであれば習慣化してみてもいいかもしれません。

これだけは守って!

大人同様、精油を皮膚などにつけないように細心の注意を払ってください。
また、赤ちゃんが精油を口にしないように取り扱いには充分お気を付けください。

1歳未満の赤ちゃんにはなるべく使用しないでください。
どうしても夜泣きがひどい、夜寝てくれないなどということでしたらラベンダー、カモミールを
少量ずつ試してみて、赤ちゃんの様子を見ることをお勧めします。
(ただし、6ヶ月前後にならないと嗅覚が大人同様にならないので6ヶ月以降からでないと芳香浴はできません)

大人ももちろんですが、赤ちゃんも好きな香り、嫌いな香りがあります。
ラベンダーやカモミールの香りを好む赤ちゃんであれば効果はあると思いますので、夜泣き対策にアロマを使用してみてはいかがですか?

The following two tabs change content below.
葉山 いずみ
睡眠不足は肥満の元!?なら寝るの大好きな私は細いはず!……はず。あれれ、おかしいな。寝てるはずなのにモデルのような肥満体系!寝ればいいってもんじゃないですね。正しい睡眠方法を知り、心も体も美しく健康でいられるような記事をたくさん書きます。

ABOUTこの記事をかいた人

葉山 いずみ

睡眠不足は肥満の元!?なら寝るの大好きな私は細いはず!……はず。あれれ、おかしいな。寝てるはずなのにモデルのような肥満体系!寝ればいいってもんじゃないですね。正しい睡眠方法を知り、心も体も美しく健康でいられるような記事をたくさん書きます。