二度寝に種類があるって本当? 良い二度寝、悪い二度寝

%e7%9c%a0%e3%81%84%e5%ad%90%e7%8c%ab

人はなぜ、二度寝をしてしまうのか

朝目覚めたら、まだ早い時間。もう少しだけ横になろう。……そしてつい、二度寝をしてしまう。
そんな経験は、誰にでもあると思います。休日ならばともかく、平日に二度寝をしてしまって慌ててしまった人も、多いでしょう。
仕方ありません。二度寝はとても気持ちが良いのですから。
でも、二度寝したおかげでせっかくの休日がつぶれてしまったなんてことも……。
どうして二度寝をしてしまうのでしょう。
それはひとえに、日頃の睡眠不足が祟っているのです。
慢性的に睡眠が足りていない人が多い、現代です。
二度寝で三時間以上寝ている人は、要注意。それはあなた自身が、二度寝で日々の睡眠不足を補おうとしているサインなのです。

こんな二度寝は悪い二度寝

二度寝が睡眠不足を補うためのものなら、そう悪いものではないのでは……。はい、その通りです。
ただし、二度寝にも良い二度寝と悪い二度寝があります。
前述のように、何時間も続けて寝てしまう二度寝は、悪い二度寝です。
何故なら、長時間の二度寝は体内時計を狂わせてしまうからです。
長い二度寝をしたことのある人なら、その後は夜いつもの時間に寝つけなかった経験をお持ちでしょう。
そして、翌朝は起きるのが辛くなる……。
長い二度寝をしたことで体内時計が狂い、全ての時間が後ろにずれこんでしまうからです。

それでは良い二度寝とは

では、どんな二度寝が体内時計を狂わせない、良い二度寝なのでしょう。
体内時計を狂わせないためには、朝いつもと同じ時間に起きることが大切です。
そして、太陽の光を浴びること。
日の光を浴びることで、身体は自然に体内時計を調整してくれます。
いつもと同じように起き、朝の光を浴び、朝食を摂る。洗濯や掃除など、朝の用事を片付けてから、お昼まで軽くひと眠り。
これが、良い二度寝です。
二度寝というよりは、昼寝や仮眠といった方が、感覚的に近いかもしれません。
大切なのは、日常のリズムを崩さないこと。
良い二度寝で、日頃の睡眠不足を解消しましょう。

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。