コールドスリープ~冷凍睡眠~は実現するのか?

%e6%99%82%e3%81%ae%e6%97%85%e4%ba%ba

それはSFの世界?

今日は、実生活から少し離れたお話にお付き合いください。
コールドスリープという言葉、あるいは冷凍睡眠という言葉をご存知でしょうか。
人体を冷凍、もしくは代謝を落とし、冬眠状態にして、死に至らせずに長い時間を過ごす技術です。
SFでは昔からよくある設定で、例えば有名なキューブリックのSF映画『2001年宇宙の旅』でも、扱われています。こちらは完全に凍らせている冷凍タイプではなく、人工冬眠とでも呼ぶべきもので、呼吸も脈拍もゆっくりと継続していました。

コールドスリープが考え出された理由

では、どうしてコールドスリープというアイディアが生まれたのでしょう。
これは、人類の眼が宇宙に向いたことと、深い関係があります。
何故なら惑星間飛行、あるいは恒星間飛行には、長い長い時間がかかるからです。宇宙という広大な開拓地を旅するのに、移動の間は寝てしまおう。細胞ごと凍結、あるいは冬眠させてしまえば、その間肉体は年を取らないと考えたのですね。
冷蔵庫に入れた肉より、冷凍庫で凍らせた肉の方が長持ちするのと、同じ考え方です。
もうひとつの理由としては、病気を治すためです。
現代の医学では治せない病も、医学も科学も進んだ遠い未来なら治す方法があるだろう。それまでコールドスリープで眠りに就き、時を待とうというわけです。

コールドスリープは実現する?

ではこのコールドスリープ、実現するのでしょうか。
残念ながら、生きている人間を冷凍するのは、現時点では難しいのです。
単に冷凍するだけならば、冷凍庫に入ればいいでしょう。けれど、水分は冷凍された時に体積が膨張して、その細胞自体を壊してしまいます。
現在、ボディクーリングシステムと呼ばれるコールドスリープシステムが開発中ですが、まだその冷凍期間は一週間です。これでは、最短で片道180日かかると言われる惑星間飛行には到底足りないでしょう。

現実におけるコールドスリープ

冷凍睡眠という概念からは少し離れてしまいますが、人類はすでに部分的な冷凍保存には成功しています。
それが、精子の冷凍保存です。
不妊治療のひとつとして、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
本当に私たち人類がコールドスリープで眠りに就き、宇宙を旅する日が、やってくるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。