枕が変わると眠れない?枕のせいだけではない理由とは

枕が変わると眠れない

こんばんは、今日もあと僅かですね睡眠コンサルタントの土井です(@kazuking_doi

あなたはホテルなど普段と違った場所で眠る時、なかなか寝付くことができず

「これは普段の使ってる枕じゃないからだな・・・」

と、思った経験があるかと思います。

え?いつでもどこでもすぐ寝れるって?
それはちょっと問題があるかも・・・・
そのお話しはまた今度。

枕が変わったからという理由も十分に考えられるのですが、
実は新しい環境にうまく適応するための自然かつ適切な生体反応だったのです。

出張先のホテルで寝つきが悪く、途中で目が覚めてしまう理由

出張先で最初の夜は、普段使っている枕を持っていってもうまく眠れるとは限りません。

ホテルなど、普段とは違う場所で眠るという行為自体が寝つきの悪さを引き起こす大きな要因であると考えられています。
しかし、これは私たちが持っている新しい環境にうま〜く適応するための適切な生体反応なのです。

誰しもが経験するこのような現象を「枕が変わると眠れない」と比喩されているのです。

寝つきの悪さは脳の防衛反応

私たちの脳は寝ていても、周囲の環境が安全かどうか、常に見張り番機構を立てて監視しています。
特に新しい環境では、その機能はフル活動するので普段よりも脳の覚醒レベルが高くなります。

周りの環境が気になってなかなか寝つくことができなかったり、寝付けたとしても、いつ何がおきても対処できるように、脳は比較的高い覚醒状態を維持していると考えられています。

普段とは違う環境での不安や心配

普段は家族がいるのにホテルでは1人きりだと、普段は聞こえるはずの音が聞こえない、寝る前にいつもしている入眠儀式ができない、「眠れないかもしれない」「明日朝早く起きないといけない」と考えてしまうと、心理的にも不安や心配が増え寝つきが悪く、熟睡感が低下してしまいます。

まとめ

新しい環境で快適に眠るためには、初日の寝つきの悪さなどは、自然な生体反応としてあまり気にし過ぎない事が大切です。
そして、できるだけ普段と同じような眠れる環境づくりを工夫するとよいと思います。

その方法の一つが使い慣れた枕を持っていく事なのかもしれませんね。
でも、アルコールを飲んで寝ると余計に睡眠が悪化してしまうので注意してくださいね。

では今日はこの辺で。
おやすみなさい、また明日。

 

The following two tabs change content below.

土井一樹

睡眠コンサルとして、相談者様に合った睡眠のお悩みを解決しています。クリエイターとして活動する中で、睡眠の大切さに気が付き睡眠の研究を日々行っています。Good Sleeping Forestの代表です。

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠コンサルとして、相談者様に合った睡眠のお悩みを解決しています。クリエイターとして活動する中で、睡眠の大切さに気が付き睡眠の研究を日々行っています。Good Sleeping Forestの代表です。