美容の大敵~ご注意を、睡眠不足は諸悪の根源~

%e5%b1%85%e7%9c%a0%e3%82%8a%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%80

眠れぬ夜を過ごすあなたに……

皆さん、毎晩よく眠れていますか?
あまり眠れなかった翌朝は、鏡を見るのが怖かったりはしませんか?
ガサガサの肌、ポツリポツリと赤らむニキビ、なんだかお化粧のノリも悪いみたい……。
やはり、睡眠不足は美容の大敵だと思い知る瞬間です。
では、具体的に肌にどのような影響があるのでしょうか。

乾燥肌

睡眠が足りていないと、肌のバリア機能が低下してしまいます。肌を守れなくなるのです。
バリアとなるものがありませんから、本来あるはずの肌の水分は、失われてしまいます。
これが、乾燥肌の原因です。
乾燥肌には高価な保湿クリームも効果的ですが、それよりまず睡眠が必要というわけです。

ニキビ

肌の新陳代謝は、夜、寝ている時に活性化します。
ですが寝不足になると、この新陳代謝のリズムが崩れ、角質層のバリア機能が弱まってしまい、ニキビが出来やすくなってしまうのです。
この新陳代謝が活性化するのは、睡眠後三時間から四時間経った頃だといわれています。
ニキビ予防には、少なくとも四時間以上の睡眠が必要なのです。

キメの粗さ

一日三時間眠る人と、六時間眠る人とでは、皮丘の膨らみが違ってきます。睡眠が足りていない人の皮丘はふっくらとした瑞々しさが失われ、平坦になり、肌のキメが粗くなってしまうのです。お化粧のノリも、三時間睡眠の人と六時間睡眠の人では差が出てしまいます。

十分な睡眠を

このように睡眠時間が短くなると、眠い、怠い、頭が働かないなどの他に、美容にも大きな影響があります。
思い当たる節は、ありませんか?
日頃女性を悩ませるお肌のトラブルも、その多くは睡眠不足からきているのです。
恐るべし、睡眠不足!
いつも笑顔を輝かせ、美しくあるためにも、十分な睡眠を心掛けたいですね。

 

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。