枕の寿命と代表的な枕の素材~ビーズと竹炭・備長炭~

%e7%ab%b9%e6%9e%97

人気の素材と高級素材

枕素材のご紹介も、いよいよ佳境。今回は近頃人気のビーズと、高級素材である竹炭・備長炭を使った枕について、ご説明していきます。

ビーズ

ビーズと一口に言ってもいろいろありますが、ここで取り上げるのは、パウダービーズです。
パウダービーズとは、パウダーの粒子のように細かい、直径一ミリ以下の極小発泡スチロールビーズのことです。ぬいぐるみやクッションに使われることも、多いですね。
一番の特徴は、あのふにゃっとした、独特の触り心地でしょう。極小ビーズが自在に動き、柔軟に形を変えます。
復元力、柔軟性、流動性に優れた素材であるだけに、固い枕をお好みの方、枕に安定感を求める方には合わないかもしれません。それでも十分に、魅力的な素材と言えるでしょう。
四年から五年と、寿命が長いのも、嬉しいところです。

竹炭・備長炭

炭が空気を清浄にし、快適な環境を生み出すことは、つとに知られています。筆者が以前通っていた歯科医院では、床下に炭を敷き詰めていました。そのせいか、治療の際もどことなく安らぎを感じていたものです。
靴箱に入れておくと、抗菌脱臭作用が働く炭。
炭火焼肉では、遠赤効果が発揮され、美味しく肉を焼くことが出来ます。人体に対してこの遠赤効果は、肩こりや冷え性の改善に役立ちます。
これらの効能を持つ炭ですから、枕にしてももちろん効果は絶大です。炭があなたを快適な睡眠へと導いてくれるでしょう。
しかし、そんな炭にも思わぬ弱点があります。
それは、重さと固さです。
枕に軽さと柔らかさを求める方には、向かない素材ではあります。
お値段も一万円以上と高価ですが、寿命は四年か五年と長持ちします。

素材あれこれ

ここまで、様々な種類の枕素材を見てきました。
・ヒノキ
・そばがら
・羽根
・ポリエステル綿
・パンヤ
・低反発ウレタン
・パイプ
・ビーズ
・竹炭及び備長炭
柔らかいもの、固いもの。手入れが楽なもの、大変なもの。通気性に優れたもの、肩こりに効くこの、高価なもの、安価なもの……。
どの枕が良いとは一概に言えません。ただ、いずれの場合も身体と好みに合ったものを見つけることが、大切です。
快適な睡眠は、快適な枕から。
新しい枕、選んでみませんか?

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。