枕の寿命と代表的な枕の素材~ヒノキ~

%e3%83%92%e3%83%8e%e3%82%ad

あなたの枕は何歳ですか?

日頃枕を使わないで寝ているひとは、あまりいませんよね。
枕は、私たちにとって快適な睡眠を促してくれる、必須アイテムです。
では、あなたがお使いのその枕、何年選手ですか?
最近のものでしょうか。一年は経っていますか? それとも、五年? 十年?
もしもあなたの枕が年を経たものでしたら、要注意です。なぜなら物には寿命があり、それは枕も例外ではないからです。

枕の寿命を決めるのは?

では、枕の寿命はどのくらいでしょう。
これが、一概には言えないのです。
枕に使われる素材は数多く、この素材によって、おおよその寿命が決まって来るからです。

 

素材の種類

ここで、素材の種類を見ていきましょう。

・ヒノキ
・そばがら
・羽根
・ポリエステル綿
・パンヤ
・低反発ウレタン
・パイプ
・ビーズ
・竹炭及び備長炭

主だった素材でも、これだけあります。そして、おおよそ寿命が短い順に、挙げてみました。
それでは、ひとつひとつの素材をご紹介しましょう。

 

ヒノキ

ヒノキには、独特の清々しい香りがあります。ヒノキの枕で眠ると、まるで森の中にいるような気分に浸れます。
これはヒノキに含まれる、フィトンチッドという精油の効能です。「森林浴効果」と呼ばれています。ヒノキそのものに、森林浴と同じ効果があるとは、驚きです。
フィトンチッドには防虫・抗菌効果もありますから、枕にはうってつけの素材だといえるでしょう。
ただし、ヒノキそのものが高級素材ですから、ヒノキ素材の枕も他の枕と比べて少々値が張ります。また、香りは長期間持続しません。およそひと月が目安でしょう。枕そのものの寿命も、一年ほどです。
それでも、ヒノキの香りに包まれる安心感は、格別です。
香りを重視したい方にとって、ヒノキ素材の枕は、うってつけのアイテムではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
shakektr

shakektr

お昼寝大好きです。 どうせなら、気持ちよくお昼寝したい。 そのための情報を、お裾分けしていきます。