睡眠で入手せよ!美しく若々しい肌!

15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_m

睡眠不足になると、精神面や健康面にリスクがあるのはこちらの記事にも書いてある通りなのですが、美容面にも影響があるのはご存知ですか?
寝不足の朝は化粧のノリが悪かったり、目の下など皮膚の薄い部分がくすんでしまったりと悪い影響しかないんです。
どれだけお手入れしても、やはり睡眠不足が続けば美は損なわれてしまいます。そうならないために、美容に効果的な睡眠方法をご紹介します。

何時から何時まで寝るのが効果的?

美容に効果的な睡眠時間をシンデレラタイムやゴールデンタイムと言いますが、実際にそれは何時から何時までのことを言うのでしょうか?

調べてみると、さまざまな説が浮上してきました。

22時~2時の4時間

この4時間をゴールデンタイム、シンデレラタイムとする説。

実際、私もこの時間を聞いたことがありますが、現代社会で22時に眠りにつける恵まれた環境はあまりないですよね。

ベッドに入ってすぐに眠れる人ならともかく、ベッドに入ってから眠りに入るまで時間がかかる人ならなおさらです。

あまり現実的な時間ではないかな、と思います。

ですが、22時に寝られないからと諦めないでください。美容に効果的といわれる睡眠時間は他にも存在するんです。

入眠後3時間が最強タイム

睡眠状態になってから3時間の間、成長ホルモンが脳から分泌されることが研究で判明した昨今では、22時~2時がお肌のゴールデンタイムではなく入眠後3時間がゴールデンタイムとされるのが一般的となりました。

なので、22時に眠れないという人でも安心して美容に効果的な睡眠時間をとることが可能です。

とはいえ、やはり早寝早起きは健康にも効果的ですし入眠後3時間がゴールデンタイムなら何時に寝てもいいや、となるのではなく早め早めの睡眠を心掛けましょう。

まとめ

眠るという行為は、人によっては我慢できることなので後回しにしがちですが、眠ることによって得られるメリットは計り知れません。

いつまでも美しくあるために、質のいい睡眠、美容に効果的な睡眠時間をとるように日々の生活の時間を見直してみるのもいいでかもしれないですね。

 

 

The following two tabs change content below.
葉山 いずみ
睡眠不足は肥満の元!?なら寝るの大好きな私は細いはず!……はず。あれれ、おかしいな。寝てるはずなのにモデルのような肥満体系!寝ればいいってもんじゃないですね。正しい睡眠方法を知り、心も体も美しく健康でいられるような記事をたくさん書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

葉山 いずみ

睡眠不足は肥満の元!?なら寝るの大好きな私は細いはず!……はず。あれれ、おかしいな。寝てるはずなのにモデルのような肥満体系!寝ればいいってもんじゃないですね。正しい睡眠方法を知り、心も体も美しく健康でいられるような記事をたくさん書きます。