朝はスッキリ目覚めたい!そのための事前準備はコレ!

スッキリ目覚める

目覚ましに無理やり起こされる朝、辛いですよね。どうせならスッキリと目覚めたいものです。
そのためには、事前準備が必要だとご存知でしたか?
簡単にできる、スッキリ目覚める方法をご紹介します。

寝る前からしっかり対策!

スッキリ目覚めるためには、良質な睡眠が必要となります。
熟睡できない状態で目覚めると、目が開かなかったり、身体が重かったりと気怠い朝を迎えてしまうので夜のうちにしっかりと眠れるように準備をしましょう。

準備その1
寝る前の簡単なストレッチ。
身体をしっかりとほぐすことで、筋肉の緊張が解け安眠を得られます。

準備その2
寝ながらスマホは禁止。
スマホのブルーライトは、睡眠ホルモンともいわれるメラトニンの分泌を妨げてしまうのです。
そのため、体内時計が狂ってしまい眠りにつくタイミングを逃してしまうようなことも。
就寝の一時間前あたりからスマホは触らないようにすることが大切です。

この他にも、入浴や食事などに気を使うことにより更に熟睡できるようになります。
が、忙しくてあれもこれもできない、という方は上記の方法だけでも試してみてはいかがでしょうか?

太陽は目覚めの味方!

事前準備はしたけれど、それでもスッキリ起きられるか不安と思われる方もいると思います。
そんな方の超強力な味方が太陽なんです。
朝日を浴びると、メラトニンの分泌をストップさせ体内時計をリセットすることができるため、スッキリとした朝を迎えることができます。
そのため、雨戸を完全に締め切らないようにしたり、カーテンやブラインドを少し開けておくことが大切です。

ただし、それはきちんと朝日が当たる場所でなければなりません。
間取りや、周囲の建物によって朝日の当たらない部屋が寝室の方は、太陽光代わりのランプを使うことで似たような効果を得ることができます。
指定した時間にあわせ、徐々に明るくなるようなライトの目覚まし時計もあるので興味のある方は探してみるのもいいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
葉山 いずみ
睡眠不足は肥満の元!?なら寝るの大好きな私は細いはず!……はず。あれれ、おかしいな。寝てるはずなのにモデルのような肥満体系!寝ればいいってもんじゃないですね。正しい睡眠方法を知り、心も体も美しく健康でいられるような記事をたくさん書きます。

ABOUTこの記事をかいた人

葉山 いずみ

睡眠不足は肥満の元!?なら寝るの大好きな私は細いはず!……はず。あれれ、おかしいな。寝てるはずなのにモデルのような肥満体系!寝ればいいってもんじゃないですね。正しい睡眠方法を知り、心も体も美しく健康でいられるような記事をたくさん書きます。