快眠を得るための入浴方法はコレ!

バスタイム

パジャマに着替えて、ベッドに入って、はいお休みなさ~い。と、すぐにすぐ、眠りにつける体質の人はいいのですが、なかなか寝付けないなんてことありますよね。今回は、寝つきを良くし、ぐっすり眠れるための入浴方法をご紹介します!

睡眠の何時間前が効果的?

入浴後、すぐに眠りにつく方がいいのか、それとも少し時間を置いてから眠るべきなのか…悩ましいところですね。
人間の体温というのは、入浴後30分前後から下がり始めます。
お風呂上りたての火照った状態だと、身体はリラックスできないため体温が下がり始める入浴後30分前後にベッドに入るのが快眠を得るための鍵のようです。
そのため、逆算をすると大体眠る1~2時間前程度に入浴するのが効果的だと思われます。

シャワーですませちゃダメ?

入浴は湯船にお湯をはったり、湯船につかったり、と忙しい人には少々めんどくさく思われてしまいがち。
そんな人はシャワーで済ませたいと思うかもしれませんが、もし少しでも時間にゆとりがあるのなら湯船につかった方が快眠を得やすいです。
入浴行為は、心身のリラックスを促し、身体を芯から温めるため熟睡しやすくなるのでゆっくりとお風呂で体を温めてください。

湯船の温度はどれくらい?

湯船につかるとして、温度はどれくらいが理想なのでしょうか?
温度の好みは人それぞれですが、一般的には38度~40度程度のいわゆるぬるま湯という状態が最もリラックスできる状態になります。
それ以上の温度だと、熱さにより身体が刺激され興奮状態になり、なかなか寝付けなくなってしまうとも言われているのです。
ぬるま湯じゃ入った気がしない、となってしまうかもしれませんが快眠を得るために試してみてはいかがでしょう。

寝る前にすることといえば、やはり入浴がかかせませんよね。
快眠を得るための下準備として入浴に気を遣えば、さらに素晴らしい眠りと出会えますよ。
この方法を試し、ぜひ快眠を手に入れてみてください。

The following two tabs change content below.
葉山 いずみ
睡眠不足は肥満の元!?なら寝るの大好きな私は細いはず!……はず。あれれ、おかしいな。寝てるはずなのにモデルのような肥満体系!寝ればいいってもんじゃないですね。正しい睡眠方法を知り、心も体も美しく健康でいられるような記事をたくさん書きます。

ABOUTこの記事をかいた人

葉山 いずみ

睡眠不足は肥満の元!?なら寝るの大好きな私は細いはず!……はず。あれれ、おかしいな。寝てるはずなのにモデルのような肥満体系!寝ればいいってもんじゃないですね。正しい睡眠方法を知り、心も体も美しく健康でいられるような記事をたくさん書きます。