睡眠不足が肥満を招く4の理由

DB88_onakamawari15154229_TP_V

睡眠は生命にとって必要な生理現象です。
睡眠時間が不足していると、様々な弊害がでてきますが「肥満」も睡眠不足が影響するという事が近年明らかになりました。

コロンビア大学による疫学調査では、32〜59歳の男女8,000名以上を対象とした調査で、7〜9時間の睡眠時間の者に比べ4時間以下の睡眠の者は肥満率が73%も高く、5時間の睡眠の者は50%も高いという結果になりました。

なぜ、睡眠不足が肥満を招くのが原因を探ってみましょう。

ホルモン分泌量の変化

睡眠不足になると2つのホルモンの分泌量が変化します。

  • 血中グレリン(食欲亢進ホルモン)
  • 血中レプチン(食欲抑制ホルモン)

血中グレリンは食欲を増やすホルモンで、血中レプチンは食欲を抑えるホルモンです。
8時間睡眠の者と比べ5時間睡眠の者では、毛中グレリンは14.9%増加し血中レプチンは15.5%減少します。

つまり、睡眠不足になると食欲を抑えるより増える方が多くなりいつもより食べてしまう体になってしまうのです。

食事のバランスの変化

寝不足で朝起きた時に朝ごはんは食べれますか?
大半の方は「食べれない・食べたくない」と答えるかと思います。

これは睡眠不足により強い眠気が残り、食欲が抑制されるのが原因で朝ごはんを抜いてしまうのです。

そして、午後からは食欲亢進が進み、夕食の摂取カロリー量を増加させる傾向が強くなり普段より食べ過ぎてしまうのです。睡眠はエネルギー消費を抑え、蓄積に切り替える為食べ過ぎた夕食を貯めこんでしまいます。

運動意欲の低下

眠気は運動意欲も低下させ、易疲労感を増大させ日中運動量を減少させます。
ちょっとした動作がめんどうになったり、普段ならぜんぜん大丈夫な階段の登り降りでさえ疲れやすくなってしまいます。

つまり覚醒時のエネルギー消費が低下してしまい、体に蓄積しやすくなってしまいます。
食欲は増している状態なのでさらに貯めこんでしまいます・・・・。

便秘になりやすい

睡眠不足や睡眠障害がある方は機能性便秘になりやすいです。

通常人間は夜中に便を作ります。
睡眠中に胃や小腸は90分周期で活動し、消化しきれなかった食べかすや、腸内細菌の死骸などで便が作られ、朝の蠕動運動により下部に送られ、大量の水分を吸収し最後に結腸に到達します。

そして朝に排便欲求が起こるのですが、空っぽの胃の中に朝食を入れる事で胃結腸反射が起こり排便反射が発生します。
つまり朝ごはんを食べる事で排便したくなる訳です。
更に十分な睡眠時間、十分な胃の休息などが更に胃結腸反射を最も強くさせます

しかし、睡眠不足や寝る直前に夕飯を食べるなど不規則な生活をしていたり、寝不足で朝食を食べなかったりすると胃結腸反射は起こりません。

昼間に胃結腸反射が起こりますが、反射自体は弱く我慢すれば収まってしまうほどです。

これが機能性便意になる原因の一つとされています。

まとめ

いかがでしたか?
睡眠不足が続くと太りやすくなるだけでなく機能性便秘の原因になります。
十分な睡眠時間や、質の高い睡眠を心がけるだけで肥満を解消する事もできます。

意欲がわかない、運動したくないなどは睡眠が原因かもしれません。
最近太ってきたなぁと思っている方。
ぜひ睡眠の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

 

The following two tabs change content below.

土井一樹

睡眠コンサルとして、相談者様に合った睡眠のお悩みを解決しています。クリエイターとして活動する中で、睡眠の大切さに気が付き睡眠の研究を日々行っています。Good Sleeping Forestの代表です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠コンサルとして、相談者様に合った睡眠のお悩みを解決しています。クリエイターとして活動する中で、睡眠の大切さに気が付き睡眠の研究を日々行っています。Good Sleeping Forestの代表です。